雪が降ってもこれで安心!あったかく冬を乗り切ろう!

 

 

はじめに

「冬=寒い」はどこの地域でもあると思いますが、飛騨では雪が降ります。

近年の異常気象により、雪が少ないシーズンもあれば除雪が間に合わないくらい一気に降ることもあり、油断はできません。

一晩でこんなに降ることも…!

特に朝晩はとても冷え込み、-10℃以下になることも!

そこで今回は、飛騨の寒い冬を乗り切るためのアイテムや私が心がけていること、アイテム購入できるお店をご紹介します。

 

 

ポイント1:「首」をあたためよう!



名前に「首」とついた体の部位には太い血管が集中して通っているので、温めることで全身の血行が良くなります。

まず「首」はタートルネック!

そしてその上にニットやパーカーを着ています。


外に出る時はストールやマフラーネックウォーマーを身につけるのもいいですね♪

「手首」はアームウォーマー!
「足首」は丈の長い靴下やレッグウォーマー!


靴下は登山やハイキング用だと、保温性もあり吸汗性に優れているのでオススメです!

ある日の私は…


上:ヒートテックのインナー→タートルネック→パーカー
下:レギンス→靴下→レッグウォーマー→ジーパン


ちなみに冷え性ということもあり、腰にはカイロを貼ったり、腹巻をしています。

 

 

ポイント2:雪かきは手袋、フード、帽子の3点セット!

雪が降ったら雪かきは必須です!

まずは「手袋」
雪を触ったときに手が冷たくなっては意味がありません!
手袋でも毛糸などのものでは直ぐにべたべたになってしまい手がかじかんでしまいます。
そこで、手袋は雪用がオススメです!
また選ぶときは手首から雪が入らないものを選ぶといいです。

続いては「フード」、「帽子」

アウターはフードがあるものを!雪が降っている時は首元からの雪の侵入を防ぐ役割をします。
しかしフードだけでは、滑ってずれてしまい髪に雪が積もってしまいます。

そこで、中に帽子をかぶることで、滑り止めにもなりフードがずれません。
また、冷えやすい耳もカバーしてくれます。

 

 

ポイント3:靴はスノーブーツ!

雪の日に欠かせないのはやはり「スノーブーツ」

足元は防寒、防水、防滑が大事!

普通のゴム長靴だと足がキンキンに冷えて、しもやけの原因に。
ゴム長靴の場合は裏地が付いている冬用の物を選ぶといいと思います。

ただ、見た目も重視する場合は、やはりスノーブーツ!
防水性や撥水機能にも優れていて、保温性もあるので寒さが厳しいところでも足先は暖かいです。

また、道が凍りツルツルになることもあるので、滑りにくいソールが大事です。

 

 

アイテム購入をできるお店

◆アルペン フレスポ高山店(スポーツ、アウトドア)
 住所:高山市天満町1丁目5-8

◆ヒマラヤスポーツ 高山店(スポーツ、アウトドア)
 住所:高山市岡本町4-139

◆コング(アウトドア)
 住所:高山市馬場町2丁目86

アウトドアに強いブランドのものは機能性がとても高いです!!

◆ワークマン 高山三福寺店
 住所:高山市三福寺町3321-5

作業着のイメージがあるかもしれませんが、最近はレディース用の可愛いものも増えてきています!

今の時代ネットでも買えますが、実際に見て触って決めるのが1番!
ぜひお店にも行ってみてください♪

 

 

最後に・・・

飛騨の冬は雪が降りとても寒いですが、寒いからこそできるファッションだったり、身に着けることのできるアイテムがたくさんあります!
自分なりのおしゃれや楽しみ方を見つけるのもおもしろいですよ♪

そしゃ!

本田彩香
本田彩香

生まれも育ちも飛騨市神岡町。飛騨が好き!人と関わることが好き!色んな事に興味があり何でもやってみたくなります。とにかくワイワイ!ワクワク!するのが大好き!日々楽しい事を求めて飛騨LIFEを満喫しています♡

本田彩香の記事一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。