特集

飛騨「未来の地域編集部」準備室

飛騨の魅力を全国へ発信する「地域編集部」を作るべく、プロから編集スキルを学ぶワークショップを、2016年10月から2017年2月まで計4回にわたり開催しました。このワークショップへ参加された皆さんが飛騨の「未来の地域編集部員」として書いた「グッとくる記事」を、前・後編2回に分けて掲載します!

特集

子育て移住を選択した木村さんと、ご近所さんの関係

世界遺産で有名な白川村の荻町。そこから20分ほど進んだところに、平瀬と呼ばれる地区がある。通りには温泉宿がぽつりぽつりと点在し、荻町とは対照的に、ひなびた雰囲気をもつ民家が並ぶ。このまちに住む田口さんは、高山市荘川村出身。自身も結婚して平瀬に移住してきたということで、少しずつ地域との関係をつくってきたそうだ。そんな田口さんに、木村さん一家が移住されたときのことを聞いてみた。

特集

弓削さんに羊飼いになることを勧めた夫婦

雪の降る日、農村の集落を抜けると、一軒の大きな古民家が見えてきた。手づくりの看板やドア、ところどころを自分たちで直したような暖かみのある佇まい。ここに住んでいるのは、牧島さん夫妻とそのお子さんの幌くん、そして猫のカミーロ。彼らの暮らす場所は、古民家の横にツリーハウスがあり、羊がいる、なんとも魅力的な場所だった。弓削さん夫妻が羊を飼うことになったのは、どうやら彼らに関係があるらしい。自分たちの考えと弓削さんたちの考えに似ているところがあるという牧島さんたち、この地域でどのように暮らしているのかを聞いてみた。

特集

移住者を知るみなさんに聞きました

コロカルの飛騨特集「ナゼヒダ?」に登場している、魅力ある飛騨地域への移住者の方々。
彼らは周りから見てどんな人なのか、移住してから地域にどんな変化があったのか。
同じく飛騨にお住まいの、彼らのことをよく知る方々にお話を伺いました。

Jump to top of page.