特集

子育てUターンは、理想の暮らしを手に入れる

「子供が楽しくて、親も楽しいのが一番。
 生活と仕事のボーダーラインがぼやけているほうがいいなぁ。
 時間や場所で切り分けるのではなくて、
 仕事も食事も家事も全部家の中で…というのが理想です」
と語る大田渓太郎さん。
子育てをキッカケにした飛騨へのUターン。
それは、家族にも自分にも大きなプラスになりました。

特集

生活に薬草を。より良い暮らしを紡ぐ飛騨のローカルデザイン

飛騨市は薬草の活用に積極的なまちだ。その文化の醸成に関わってきた佐藤さん、重田さんと薬草の関わりは15年ほど前から始まった。今でこそ飛騨市で薬草シンポジウムが開かれるまでになっているが、当時は興味のある人たち集まり、調査活動と勉強を始めたばかり。畦畑集落に越してきた塚本さん夫婦とはその頃に知り合い、少しずつ繋がりを深めていったという。徐々に飛騨市に根付いていった薬草文化、その歴史を見てきたおふたりに、薬草が結んだコミュニティについて話を聞いた。

特集

市の就農パンフレットにもデザインを、飛騨市が仕掛ける明るい就農支援

農家の世代交代が必要だ。自治体の取り組みとしても、新規就農フェアに出展し、農業の魅力を伝えようと工夫を凝らしているところも少なくない。どうしても固い内容になりがちな自治体パンフレットだが、飛騨市の新規就農者向けのパンフレットは、パッと見て楽しそうなデザインで手に取りやすく、見ていてワクワクする内容だ。このパンフレットを制作した千原さんと共に、デザインの力で就農者にメッセージを届けようとしている飛騨市農林部の中村篤志さんに話を聞いた。

特集

恩師が見てきた、古里さんのアナザーストーリー

飛騨古川の塾と言えば、澤学習塾に歴史がある。この塾の経営者である澤さんは、自身も東京の大学に進学し、広告代理店で働いていたという経歴を持つ。今は塾経営だけでなく、飛騨市議会議員も務める澤さんだが、教え子のひとりに古里さんがいた。子どものころから成長を見守ってきた澤さんに、古里さんがUターンしてくるまでの話を聞いた。

施設・場所

里山オフィス

飛騨の匠の民家で、今までにないクリエイティブな暮らしをお楽しみください。各民家には、仕事が持ち込める…

施設・場所

ヒダクマ

株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)は、クリエイティブな視点で飛騨の森に新しい価値を生み出…

Jump to top of page.