特集

小坂の滝に魅了された、もうひとりの男

下呂市小坂町で、滝めぐりのインタープリターとして活躍する熊崎さん。いま彼がフィールドで活動できているのは、小坂の先輩方がベースをつくってくれたおかげだと言う。その先輩の一人、桂川淳平さんは、もともと小坂町役場(現:下呂市役所)一筋の行政マンだったが、58歳のときに退職しNPO法人飛騨小坂200滝を立ち上げた。
滝の魅力を紹介した「小坂の瀧」という本が原点だという熊崎さんと、その数年前に同じ本から滝めぐりのツアー構想を膨らませていった桂川さん。NPO立ち上げの背景と、熊崎さんがガイド人なるまでのストーリーを聞いた。

特集

恩師が見てきた、古里さんのアナザーストーリー

飛騨古川の塾と言えば、澤学習塾に歴史がある。この塾の経営者である澤さんは、自身も東京の大学に進学し、広告代理店で働いていたという経歴を持つ。今は塾経営だけでなく、飛騨市議会議員も務める澤さんだが、教え子のひとりに古里さんがいた。子どものころから成長を見守ってきた澤さんに、古里さんがUターンしてくるまでの話を聞いた。

Jump to top of page.