未来の地域編集部

100%田舎の飛騨「でも」できること・飛騨「だから」叶うこと vol.1

今回取材した鵜飼夫婦。人口1800人弱の小さな町で起業した異例のキャリアを持つ2人の生活とは?

この連載は、飛騨地区に移住や結婚をきっかけに移り住むことになり、そしてこの飛騨の地で会社の起業や、新しい活動を始めた人の現在を取材していきます。100%田舎の飛騨で、新しい生業を始めた人に聞いた、飛騨「でも」できること・飛騨「だから」叶うこと。そこにはどんな暮らしが隠されているのかを聞いてみました。         
(文: 長瀬欣子)
記事を読む
未来の地域編集部

胃袋つかまれた飛騨ごはん 「ねずし」田中由希子さん

筆者である私は、生まれ育った飛騨高山から一度外に出てUターンしてきた。地元に帰りたいと思った理由はいくつかあるが、その中のひとつが「食べ物の美味しさ」だった。米も野菜も郷土料理も、飛騨には美味しいものがいっぱい。

そこで、同じように「飛騨ごはん」に心、そして胃袋を掴まれた移住者さんがいるのではないか?という思いから、聞いてみた。「あなたが胃袋つかまれた飛騨ごはんってなんですか?」
(文: 大森貴絵)
記事を読む
未来の地域編集部

100%田舎の飛騨「でも」できること・飛騨「だから」叶うこと vol.2

今回取材した、ひさだまりこさん。老舗食事処にお嫁さんとして嫁いで12年。彼女が新たに始めたチャレンジとは?

この連載は、飛騨地区に移住や結婚をきっかけに移り住むことになり、そしてこの飛騨の地で会社の起業や、新しい活動を始めた人の現在を取材していきます。100%田舎の飛騨で、飛騨「でも」できること・飛騨「だから」叶うこと。そこにはどんな暮らしが隠されているのかを聞いてみました。                                             
(文: 長瀬欣子)
記事を読む
未来の地域編集部

ここ5年に起きてる白川郷のあれこれ|試行錯誤の末に辿り着いた移住体験住宅「だいだいどころ」を作るという白川村の挑戦

今年(2017年)の6月、白川村の空き家を利用した「だいだいどころ」という名の一風変わった移住体験住宅がオープンした。   元の家主は大村さん。大村さんの台所で「大台所」、大きなキッチンが印象的な体験住宅だから…

(文: 柴原孝治)
記事を読む
未来の地域編集部

いつもそこにある町の食堂。 昔も今もこれからも。変わらないことの価値

飛騨の食事処めぐり「のれんの向こう側」vol.2 ちとせ

<この連載は…>
旅先で、地元の人との心に残る出会いをしたことはありませんか?飛騨では”当たり前”の振る舞いが、実は別の地域から来る人には最高のおもてなしになっていることがあります。飛騨の普通がとても素晴らしい。この連載は、お店とその店主を通じて、そんな”普通”に迫る連載です。
(文: 白石実果)
記事を読む
未来の地域編集部

飛騨の2・3代目記 ~飛騨で代々、商いを継ぐ人たち~

移住者や、新しい起業家は魅力的な人も多いが、親子何代も飛騨で生業をしている人達がいます。そんな飛騨にゆかりのある人達が何を考えて、何をしているのかを、自分も印刷会社の5代目になる私、住(すみ)がインタビューしました。こんな素敵な人達と組んで何か始めるのも面白いかもしれません。
(文: 住尚三)
記事を読む
未来の地域編集部

飛騨の2・3代目記 ~飛騨で代々、商いを継ぐ人たち~

移住者や、新しい起業家は魅力的な人も多いが、親子何代も飛騨で生業をしている人達がいます。そんな飛騨にゆかりのある人達が何を考えて、何をしているのかを、自分も印刷会社の5代目になる私、住(すみ)がインタビューしました。こんな素敵な人達と組んで何か始めるのも面白いかもしれません。
(文: 住尚三)
記事を読む
未来の地域編集部

小さな町の小さなお店。世界中から訪れる誰もが惹かれる、「普通の中華料理屋」の秘密。

飛騨の食事処巡り「のれんの向こう側」vol.1 平安楽

<この連載は...>
旅先で、地元の人との心に残る出会いをしたことはありませんか?飛騨では”当たり前”の振る舞いが、実は別の地域から来る人には最高のおもてなしになっていることがあります。飛騨の普通がとても素晴らしい。この連載は、お店とその店主を通じて、そんな”普通”に迫る連載です。
(文: 白石実果)
記事を読む
未来の地域編集部

飛騨の2・3代目記 ~飛騨で代々、商いを継ぐ人たち~

移住者や、新しい起業家は魅力的な人も多いが、親子何代も飛騨で生業をしている人達がいます。そんな飛騨にゆかりのある人達が何を考えて、何をしているのかを、自分も印刷会社の5代目になる私、住(すみ)がインタビューしました。こんな素敵な人達と組んで何か始めるのも面白いかもしれません。
(文: 住尚三)
記事を読む
未来の地域編集部

胃袋つかまれた飛騨ごはん 「朴葉寿司」崔瑛順さん

筆者である私は、生まれ育った飛騨高山から一度外に出てUターンしてきた。地元に帰りたいと思った理由はいくつかあるが、その中の一つが「食べ物の美味しさ」だった。米も野菜も郷土料理も、飛騨には美味しいものがいっぱい。

そこで、同じように「飛騨ごはん」に心、そして胃袋を掴まれた移住者さんがいるのではないか?という思いから、聞いてみた。「あなたが胃袋つかまれた飛騨ごはんってなんですか?」
(文: 大森貴絵)
記事を読む
未来の地域編集部

飛騨の風景がと近づく「ヒダスナップ」Vol.1「秋のヒトコマ」

この連載は、東京に住むコロカル編集部が、飛騨地域に暮らす「未来の地域編集部」のみなさんにテーマを投げ、それぞれの視点を通して見える飛騨ならではの風景を紹介していきます。

第1回のテーマは、「秋のヒトコマ」。
“秋といえば○○”という言葉がいくつも出てくる季節です。飛騨地域では一体どんな風景が見えるのでしょうか?
(文: コロカル編集部)
記事を読む
Jump to top of page.