鮎=Sweetfish

飛騨では、初夏のころから晩秋まで、天然の鮎が食卓に並ぶ機会も多い。夏の川では鮎釣りをしている人たちも多く、本来は高級魚なのだが地域住民には馴染みのある川魚なのである。親戚の中に鮎釣りにはまってしまった人がいると、大漁の日におすそ分けをいただくことも少なくない。ちなみに、鮎は英語でSweetfish。藻を食べて育ち、腹からスイカの香りがすることから名づけられたのかもしれない。

ページの先頭へ戻る