ローカルwebマガジン「コロカル」と連携します

飛騨地域創生連携協議会(会長:高山市長 國島芳明)は、飛騨地域への移住・定住促進のため、マガジンハウスが運営するローカルwebマガジン「コロカル」との連携事業をスタートします。

飛騨の4市村(高山市、飛騨市、下呂市、白川村)とコロカルがパートナーシップを結んだ本プロジェクトでは、webサイト「グッとくる飛騨」と「コロカル」の連携で、以下の事業を行います。

  1. 飛騨地域の移住・定住の特集記事を発信
  2. 飛騨「未来の地域編集部」として編集ワークショップを開催

今年度は、メディアタイアップとしての特集記事発信だけに留まらず、地域編集部クリエイターの育成を行うことで持続的な地域プロモーションに繋げていくことが目的となります。そのためのスタートアップとしての位置づけとして、「未来の地域編集部(準備室)」と題した全4回の編集ワークショップも同時に実施することに決定いたしました。

  1. コロカル特集記事発信について

    この特集を「あなたはなぜ、飛騨を好きになったのですか?」と題して、飛騨市、高山市、下呂市、白川村の4市村からなる飛騨地域の暮らし、仕事、子育て、ライフスタイルの魅力を掘り起こし、そのストーリーを発信していきます。移住というテーマで、自分には関係ないと思われてしまわないように、暮らしの側面を強く伝えていく記事からスタートし、徐々に各市村の移住・定住のストーリーに展開していく予定です。

  2. 飛騨「未来の地域編集部」準備室ワークショップについて

    このワークショップでは、これからの地域プロモーションに必要な地域内クリエイターの育成が目的となります。地域住民や移住者、次世代を担う高校生、他地域で活動する若者を対象に、プロの編集者、フォトグラファー、ウェブディレクターが講師となり、平成29年3月までに全4回のワークショップを開催する予定です。
    ワークショップを通して、webサイトや冊子の編集を学びながら、未来の地域づくりやその発信を行っていくネットワークづくりが始まります。これからの地域創生の課題となっている“地域での自立した発信力”づくりを、自治体とメディアが連携して行う新たな取り組みとなります。ぜひ、ご注目ください。

 

飛騨「未来の地域編集部」準備室ワークショップ

日程

  • 第1回 2016年10月30日(日)13:00〜17:00
  • 第2回 2016年11月27日(日)13:00〜17:00
  • 第3回 2017年1月 15日(日)13:00〜17:00
  • 第4回 2017年2月 19日(日)13:00〜17:00

※全4回予定

開催場所

co-ba HIDA TAKAYAMA
住所:岐阜県高山市本町3-7(高山印刷1F 宮川側入口)
アクセス:JR高山駅徒歩10分

料金

無料

定員

20名

お申込み方法

以下フォームよりお申し込みください

ワークショップお申込みフォーム

 

ワークショップの内容について

  • 第1回 編集とはなにかを知る
  • 第2回 目次(取材プラン)づくり
  • 第3回 記事制作について
  • 第4回 編集部運営について

※内容については、変更になる可能性もあります。

Jump to top of page.