インタビュー
やわい屋

朝倉 圭一さん & 朝倉 佳子さん

移住後に、カフェや雑貨屋を開き、自分のペースで暮らす・・・という姿に憧れを持っている人は多くいるだろう。自分もそんな先入観を持って、高山市の郊外で民藝のお店を開いている朝倉さんにインタビューをしてみた。しかし、インタビュー終了する頃には、意外な結果に。朝倉さんがなぜこの場所で商いを始めたのか。気になっていた質問を投げかけると、その答えは想像していたものと違っていた。

特集

自分たちで出来るところから始めてみる。 飛騨で空き家を活用、セルフリノベーションで作る新しい居場所

ここ数年、飛騨(高山市・飛騨市・下呂市・白川村)でも、移住者(I・Uターン者)が空き家や空き店舗を自分たちの手で改修するセルフリノベーションで作ったお店や場所が増えています。手間も時間もかかりますが、その場所や建物にじっくりと向かい合いながら、自分たちで出来るところから始めてみる。実際に飛騨に移住し、セルフリノベーションでお店を始めたおふたりにお話を伺いました。

特集

これからの飛騨。私たちが、その魅力を伝えていく~ 学生団体「HIDAKKO PROJECT」のこれから ~

飛騨地域は今、盛り上がりの兆しを見せています。
各世代で、それぞれのコミュニティを起点としながら新しいムーブメントが起き始め、これまでになかったチャレンジを目にする機会が増えてきました。
そんな中、10代の若者による新しい試み、学生団体「HIDAKKO PROJECT」に注目が集まっています。

特集

弓削さんに羊飼いになることを勧めた夫婦

雪の降る日、農村の集落を抜けると、一軒の大きな古民家が見えてきた。手づくりの看板やドア、ところどころを自分たちで直したような暖かみのある佇まい。ここに住んでいるのは、牧島さん夫妻とそのお子さんの幌くん、そして猫のカミーロ。彼らの暮らす場所は、古民家の横にツリーハウスがあり、羊がいる、なんとも魅力的な場所だった。弓削さん夫妻が羊を飼うことになったのは、どうやら彼らに関係があるらしい。自分たちの考えと弓削さんたちの考えに似ているところがあるという牧島さんたち、この地域でどのように暮らしているのかを聞いてみた。

イベント終了

【飛騨高山観光大学】観光ゼミ

日本の観光は、どこへ向かうのか
「観光立国」ニッポンの将来像からみえてくる
高山の明日の観光の姿とは
イベント, 体験ツアー終了

【先着20名!】地方で暮らす、飛騨で暮らすことの『ぶっちゃけを学ぶ』生活体験ツアー

<目的> 地方で暮らすことの本当の意味を知る、学ぶ <概要> 実際に飛騨に行き、そこで既に生活をしている方と交流していただくことで、飛騨の生活、人々の繋がりを理解し、都会だけではない、地方で住むことのメリット、デメリット…

イベント, セミナー終了

★★東京開催★★HIDA-Drinks in TOKYO Vol.2~飛騨をキーワードに集まれ~!~

前回は好評につき満員となったイベント、
飛騨好きがゆる~く集まって語らう会 Vol.2 開催します★
イベント終了

【飛騨高山フェア2016】イオンナゴヤドーム前店にて開催♪

飛騨高山の特産品・名産品が勢揃い!ご当地キャラの登場もあるよ!
セミナー終了

【飛騨地域の事業者様向け】10/19「地方創生時代における人財確保のポイント」セミナー

地方創生時代における飛騨地域雇用促進セミナー開催
イベント, 移住相談終了

【満員御礼!申込締切ました】【10/2(日)】HIDA-Drinks in TOKYO 1

「飛騨」をキーワードに集まれ~!
飛騨好きがゆる~く集まって語らう会を開催します★
インタビュー
高山市役所

植杉 祐貴さん

北海道出身の植杉さん。飛騨高山へIターン就職をして4か月。高山市役所の海外戦略課に勤務する植杉さんの移住のきっかけは、アニメ「氷菓」。飛騨高山出身のミステリー作家による、飛騨高山を舞台にしたアニメに出会い、夢中になったとのこと。飛騨高山に‘聖地巡礼’したことが移住につながるというストーリーについてインタビューしてみました。

施設・場所

co-ba HIDA TAKAYAMA

co-ba hida takayama は飛騨高山の中心地に誕生したシェアードワークプレイスです。 …

施設・場所

田舎家シェアハウス

高山市国府町にある一戸建てです。8畳の個室が6つあり、居間や台所などは、共有です。 最低限必要な食器…

施設・場所

飛騨高山ふるさと体験施設「秋神の家」

「秋神の家」は、御岳や乗鞍岳など雄大な山々を一望できる朝日町秋神地区に位置し、その周辺では四季を通じ…

インタビュー
co-ba HIDA TAKAYAMA

住 尚三さん & 浅野 翼さん

高山のコワーキングスペースco-ba HIDA TAKAYAMAを運営する同級生のおふたり。それぞれ、都市部で仕事をしながらも、いつか地元の高山に帰るという思いがあったそうです。本業を持ちつつも、コワーキングスペースで新しい可能性を探しているふたりに、高山にUターンするまでのことと、これから考えているについて聞いてみました。

ページの先頭へ戻る