特集

弓削さんに羊飼いになることを勧めた夫婦

雪の降る日、農村の集落を抜けると、一軒の大きな古民家が見えてきた。手づくりの看板やドア、ところどころを自分たちで直したような暖かみのある佇まい。ここに住んでいるのは、牧島さん夫妻とそのお子さんの幌くん、そして猫のカミーロ。彼らの暮らす場所は、古民家の横にツリーハウスがあり、羊がいる、なんとも魅力的な場所だった。弓削さん夫妻が羊を飼うことになったのは、どうやら彼らに関係があるらしい。自分たちの考えと弓削さんたちの考えに似ているところがあるという牧島さんたち、この地域でどのように暮らしているのかを聞いてみた。

ページの先頭へ戻る